誠の端になるには絶えず初心を忘れず努力は逆風を行ってはいけない

誠の端になるには絶えず初心を忘れず努力は逆風を行ってはいけないもう大成させた08ノー演じる人が目指すべき姿として花があることを挙げたそしてその花には自分の端と理菜花があると説いたでは実はその2つの端について少々である風刺家電の中で次のように述べている自分の家花とは若い時だけの1時的なものである幼少期はそこに立っているだけで通うような華やかさがあるよ青年期は名人は以前して負ける若々しさがあるしかしそれは1時的なものに過ぎない誠の方と1時の際流行に左右され花のことであり自分のむしろ自分の端を意識することがなくなるからこそ少々の雨や風で枯れたりしたりしない理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。