ピタゴラスの定理とフェルマーの最終定理って何ですか?

ピタゴラスの定理とフェルマーの最終定理って何ですか?

フェルマーの最終定理(n=4)の証明【無限降下法】

 

数学の定理言えば誰もが知っているのはピタゴラスの定理です。

この色をフェルマーの最終定理と呼びます色だけ見るとほとんどピタゴラスの定理と私がいないように見えます数学の問題はその問題の意味を理解するために高度な知識を必要とする必要がありますがこのフェルマーの予想は難しい知識下なくても問題の意味を理解することができむしろ優しいと一緒でもいいとところに特徴がありますフェルマーはエヌ= 4の場合について証明したのですが本の数女についての証明を発表することはありませんでしたその上フィルモアは数学の本の欄外に私はこの体について驚くべき証明を発見することができたのだがそれについて伸びるのにこの余白はあまりにも狭すぎると書き残しいたのですフェルマーの最終定理がピタゴラスの定理と言っている色ですが実は内容的には大きな違いがあります

ピタゴラスの定理

ピタゴラスの定理とは、古代ギリシアの数学者で哲学者のピタゴラスが立ち上げた団体が発見した数学の定理のこと。
直角三角形をなす3辺のうち、2辺の長さを知ることができれば、残り1辺の長さを知ることができるというものです。

フェルマーの最終定理

ピタゴラスの定理を発展させ一本化したのに2乗プラスワイの2乗=ゼットの2乗(エヌ= 3よりも大きい

フェルマーは数学の本の欄外に私はこの体について驚くべき発見をしたのだがそれについて述べるにはこの余白はあまりにも狭すぎると書き残していました

約360年後の1995年にフェルマーの最終定理を解いた英国のワイルドわずか10歳の時に図書館で最初にこの問題に出会ったそうですそしてこの問題を解くのは私しかいないと思って何年も勉強し続けたらしいですすごいです。

【フェルマーの最終定理の歴史】

300年前に天才が残した数学界最大の難問

天才が残した300年前の難問に終止符

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。