ことを伝えると言うことを伝えられないってもどかしい人の1人伝える難しさと大切さキヨシコ重松清新潮文庫

ことを伝えると言うことを伝えられないってもどかしい人の1人伝える難しさと大切さキヨシコ重松清新潮文庫

重松清さんの作品を自分と同世代の子たちが辛い目にあってもめげないで頑張っているそんな感じです

主人公は吃音のある少年聖。自分の名前の気がうまく言えなかったり疲れてしまっているしからかわれたりする日々が続きますでも少年は自分の吃音とも使いながら成長していくのです

この男の子は自分の口が開いたら毎日笑ってしまうじゃないかと強くなったり恥ずかしかったりして心の中で思っていることをなかなか口にできません大事な時にことがでてこなくて誤解されてしまったりするのです読んでいる最中ずっと少年のもどかしい気持ち1伝わってきました私も言いたいのに言えないと言う気持ちになる事はありますありがとうって言いたい伝えたいのに恥ずかしくて言えないこうして欲しいこれが欲しいと思っても断られちゃったなぁと考えると言えない相手がさしてくれるんじゃないかなと期待して相手の行動を待って

相手の言葉を持ってしまって口にできないっていうことがありますでも人の気持ちは他の他の人には案外伝わらないし本当に思っていることを伝えるのは難しいんですよね自分が良かれと思って言っても相手からそれ言わないで欲しかったのになんて言われるようなことも結構あったりすると思います人によって言われたくない言葉も違うし同じ言葉でもタイミングによって受け取り方が変わってしまうこともあるでしょうだからこそ言葉を使うの難しいと思いますといっても黙っているのもだめちゃんと言わないと伝わらない私もよく母に思ってることをきちんと言葉にしないと伝わらないよと言われますそんな人の伝えることの難しさと光伝えることの大切さを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。