どうすると生き物は増えるのか

どうすると生き物は増えるのか今日はどうすると生き物は増えるのかについて話していきたいと思います。

まず実験に使われるマウスについて説明していきたいと思います。

実験にマウスが使われる理由としては生命活動が人間に似ており哺乳類で最小の小ささ繁殖の速さが実験に適しているためです。

同じ理由で世代の交代がハエも多く実験使われます。

高度な実験をする場合は猿島のより人間近い動物を使います最終的には治験で人間を試していきます改行ネズミはどこまで増えるのか繁殖力の高いネズミがどこまで増えるか試した実験が行われました十分の餌との供給と外的がない空間環境を与え健康なオスとメス二匹を放って様子を見ましたある一定数まで増えるとネズミ何匹か死んでいきました最大に増えた時の1/3まで減ると再び増えてゆき減少し増えることを繰り返して行きましたネズミの一定数を保って推移していきました熱が死亡する原因は数が増えたことによるストレスによるものとされています外敵がおらず餌があっても十分な空間がなければ増えていかないということがわかりましたここに合わせて人間の場合感情というものが加わってきます都内の中心によれば寄るほど人が婚姻をしたり結婚をするのが難しくなっていくように心的負荷が上がれば上がるほど生き物は増えることを拒んでいく傾向にあるように感じました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。